年月を経て徐々に変わって行く競馬のイメージ

日本の公営ギャンブルとして長い歴史を持つ競馬。
欧米などで行われていた競技を日本でも行っているわけですが、現在では日本ではギャンブルの対象として認知されていますが、欧米ではまだまだ紳士のスポーツとして知られています。
日本の競馬のイメージというと、やはりまだまだ小汚いおっさんが赤ペン片手に新聞とにらめっこ、レースが始まれば興奮しだして、第4コーナーを回って直線になれば「差せ! 差せ!」なんて絶叫する始末。
狙った馬が来れば拍手喝采、外れれば舌打ちに罵声、大穴が来れば外れ馬券が宙を舞うといったところでしょうか。
ま、今ではこういったイメージのおっさん方は競馬場にはあまり来なくなり、場外馬券売り場に集まってきているので、徐々に前述のイメージとは離れていっているようです。
とはいえ、海外とは比べものにならないもので、例えば海外で一番有名なG1レースである凱旋門賞のレースなんかでは、一般の観客でもちゃんとした礼装で来る人も多く、あまりにも変な格好だと追い返されることもあります。
厳密にドレスコードなんかはないのですが、日本と同じようなものと考えていくと、嘲笑の種になることは間違い有りません。
さて、先ほど「前述のイメージとは離れていっている」と記述しましたが、では日本の競馬場はどのように変わっていっているのかというと、これがまた斜め上の方向に行っています。
どうなっているのかというと、家族連れやカップルが増えるというウルトラCの方向転換です。
デートスポットとして紹介されていて、それに向けてフードコートやお土産売り場が綺麗に整備され、観覧席も昔と違って非常に綺麗になっています。
CMに有名俳優やお笑いタレントを使って昔と違うイメージ戦略がものの見事に成功したという感じです。
若者層を取り込むのは良いのですが、昭和テイストのあのやさぐれた雰囲気というのも非常に懐かしいのです。
日本の一年の終わりを締めくくる有馬記念などではまだ若干その雰囲気も味わえますが、今後はそれもなくなるかもしれません。

SNSでもご購読できます。