ネット競馬は初心者も気軽にできて安全です

初めて馬券を買った時の思い出は忘れがたいものがあります。その時はちょっと気持ちが浮かれていて、お小遣い稼ぎをしようと思ったことがキッカケでした。インターネット経由で馬券を購入して、ネット中継とラジオ放送で競馬を楽しむことができると聞いた時にいてもたってもいられなくなって、すぐにJRAのIPATに登録したのです。登録そのものはスムーズに行うことができました。JRAのサイトで情報を登録して、銀行口座も一緒にセットで登録するだけでした。投票する時に事前に登録した暗証番号など手打ちでやる必要があったのは、安全上のセキュリティの問題だと分かっていたので多少面倒ではありましたが仕方の無いことだと思います。ネットで購入すると言うのはいったいどんな感じなのかと最初不安に思っていたのですが、普通にhtml系統のサイトで馬券を購入するタイプと、フラッシュを利用したゲーム感覚で選べる二通りのやり方で購入できました。おそらくですが、前者はパソコンや携帯電話のスペックに自信がない人も買えるような軽いタイプのサイトを利用できるように、後者の場合は馬券購入初心者でもわかりやすくてさらにパソコンやら携帯電話のスペックに自信がある人向けの少し重めのシステムでした。私のパソコンはそこそこスペックに自信があったので、後者のフラッシュを利用したページから馬券を購入です。しかし後から気づいたのですが、後者のフラッシュバージョンは演出が懲りすぎているのか、欲しい馬券を選択してから購入までのタイムラグがあったので、競馬レースでの馬券購入締め切りギリギリでの購入は危ないということに後から気づきました。基本的にレースギリギリまでは、単勝や複勝の人気ランキングやオッズは細かく変動するもので、ピンポイントで狙って計算している場合には、ギリギリで購入するという選択しを取ることがあるせいか、細かいタイムラグは私にとっては命取りでした。こうなると、競馬においてネット購入というのは、いかに環境を整えて買いやすくするかというポイントも大切だだということがわかります。

SNSでもご購読できます。