競馬と宝くじとでは当たる確率がどちらが高いか

競馬にのめりこんでいるという人もいまは少なくありません。
電車などに通勤していると、競馬新聞を持っているという人も見かけるぐらい、競馬は日本国内でも人気のギャンブルとなっています。
しかし、こうした競馬ですが、当たる確率などが高いとはあまり聞きませんし、むしろ競馬で大損を下だという話などをよく聞くことが多いと思います。
また、こうしたギャンブルにはまり込んでしまい、破産してしまったという話なども良く聞くことも多いと思います。
つまり、競馬に良いイメージなどはあまりみんなが持っていないと思います。
こうしたギャンブルですが、宝くじとどちらが当たる確率が高いのでしょうか。
比較してみると、もちろん宝くじよりは、こちらのほうが当たりやすいといわれています。
しかし、それは宝くじが低すぎるというだけで、こちらのギャンブルもそれほど当たりやすいというわけではありません。
ですので、どちらもなかなか当たることが出来ないですし、確実性のないものであるといわれています。
しかし、なぜこれほどまでにのめりこんでしまう人が多いのでしょうか。
まず、ギャンブルというのは、人がのめりこんでしまいやすいものであるといわれていて、負けてしまうとそれをとりもどしたいという心理が働きますので、そこからどんどん深みにはまっていってしまうのだと思います。
こうした心理で、はまりこんでしまうといわれています。
また、こうしたギャンブル依存と言うのは、性格のように思いますが、一つの病気であるといわれています。
たとえば、こうしたギャンブル依存というのは、病院で治療をすることが必要であるといわれている病気とされています。
こうした病気を克服するには、家族の支え、または協力なども大切ですし、また本人の努力なども必要であるといわれています。
このように、はまり込んでしまう人などは、病気の可能性もありますので、一度家族が付き添ってみることが必要となります。

SNSでもご購読できます。