競馬の予想をするときには枠順が重要

競馬の予想をするときには、出馬表と睨めっこして予想をすることになりますが、そのときに1つ絶対に注意すべきなのは、枠順です。レースごとに枠順というものがあり、どの位置からスタートするか?というのを決めたものです。この枠順が何故大切か?というと、レース結果に大きな影響を与えるからです。枠順の重要度はレースごとによって違うのですが、特にこの枠順がレース結果に重要な影響を与えるとされているのが、東京2000mのレースです。天皇賞秋など、著名なレースもこの競馬場、距離で行われています。何故東京2000mは枠順が非常に大切なのか?というと、スタート位置の問題があります。ゴールの位置は決まっているので、距離が変わるときには、基本的にスタートの位置が変わります。そのスタート位置が、第1コーナーのすぐ後ろにあるため、各馬はスタートして間もなくカーブをしないといけません。すると、外枠から発走する馬は、いきなり外からカーブを曲がらないといけないため、その分距離ロスが発生するのです。通常はスタート直後から直線がある程度続くため、インに入れたりする余裕がありますが、東京2000mの場合はその時間的余裕がありませんから、外枠発走の馬は他の馬よりも長い距離を走らないといけないことになり、圧倒的に不利なんです。逆に内枠から発走する馬は相対的に有利です。ただ、脚質にもよります。外枠からの発走でも、追い込みの馬はごちゃついている馬郡の後ろにつければ、インをとれないこともないので、不利の度合いは最小限で済みます。基本的に競馬っていうのは、内枠の方が有利とされていますから、そういう知識を頭に入れておくと、馬券が当たる可能性も上がると思います。出馬表を見れば、外枠の馬、内枠の馬というのは誰でもすぐ分かりますから。実力はあるのに、外枠からの発走で全然ダメというケースも普通にあります。毎回、レースを予想するときには、馬の実力とともに枠についても注目していってください。

SNSでもご購読できます。