競馬の国際化のメリットと対応について

「日本中央競馬会」といわれるくらいなので競馬はあくまでもドメスティックが基本です。しかし、競走馬の質を上げるために海外から強豪場を呼び込んだり、日本の強豪馬が海外のレースに挑戦し続けています。実際、日本の競走馬のレベルは高く、ほとんどの海外の主要レースを制しているといっても過言ではありません。しかし、競走馬のレベルに反比例するように日本の競馬の仕組みはまだまだグローバル化に遅れているといっても過言ではありません。まずは検疫です。海外に行くときも戻るときも日本の法律では時間がかかりすぎ、または厳しすぎるためなかなか海外の競走馬が来ないのが現実です。次に馬場です。ファンをあおるために海外の芝とは全く違うコンディションに仕上げスピード競馬を目指すあまり、競走馬にとって負担がかかる芝のコンディションになっています。もちろん、こうした馬場になれている日本の競走馬は海外の重い芝に対して慣れることに時間がかかることはいうまでもありません。次に馬券の購入です。日本の場合、すべての馬券購入は日本中央競馬会が取り仕切っています。ブックメーカーもいません。よってなかなかサービス面で新たなものが生まれにくい現実もあります。ようやく、海外の主要レースの馬券が購入できる法律が施行される見込みです。これで海外の主要レースで奮闘する日本の競走馬の馬券を購入して応援することができるようになります。また、騎手過程においては今年度からクリストフルメール、ミルコデムーロという一流の海外ジョッキーがJRA所属となりました。実力が一番の世界なのでこれからも日本の競馬に興味があるジョッキーは日本の騎手のレベルアップ、国際化を促すためにももっと日本に来てもらいたいものです。逆に日本の若いジョッキーは武豊をはじめとするジョッキーがそうしてきたようにもっと海外に武者修行をしてレベルアップをハングリーに目指してもらいたいものです。

SNSでもご購読できます。