競馬ではスタートが勝敗を左右する事がある

スタートの瞬間というのは競馬全体の行方を左右するポイントの1つだと言えます。ここで全てが決まってしまうという程ではないのですが、重要である事は疑いようもありません。ちなみに競艇ですと最終的な勝敗が第一コーナーの時点で決まってしまう事もあるそうです。こちらは、そこまでではありませんけども競馬の流れに影響を与えます。

先にゴールすれば勝ちというルールですから、普通に考えれば前に出た方がお得だとなるはずです。しかし、ここが難しい所でして、前の方に行くと馬が勝手に走って行ってしまう可能性があるんですね。なにも障害物になるものがありませんから、自分の気の向くままに全力で行ってしまうのです。そうなるとお分かりかと思うのですが、スタミナ切れとなってしまいます。2番手以降の馬と大差をつけているから、このまま1着になれるのではないかと思われた馬があっけなく抜かれて行くのはお馴染みの光景です。たまにそのままゴールする事もあるのですが、正直な所まれなケースです。

その点、集団の真ん中ら辺ですと、その様になる心配をせずに済みます。しかし、これは周りを他の馬達に囲まれていますから、抜け出すという事が難しくなります。一旦横に、或いは隙間を見つけて前方に行かなくては行けなくなるので騎手の技量が問われる事になります。また、それと同時に狭い場所でも全速力で走れるような馬の性格も求められます。

最後尾は周りに邪魔をする物は一切ありませんが、その分後ろ側にいるために先頭との距離がつき過ぎてしまう事が多いです。つまりは、どのポジションにいたとしても一長一短あるという事なのです。ただ、傾向としては先行逃げ切りは続かない事が多いですね。それくらいの事は言えるかもしれません。

後半一気に追い上げる様なタイプの馬の方が勝ちやすいのですが、オッズは低くなる事が多いので、競馬で大きく勝ちたいのなら先行型の馬券を買っておいた方が良いでしょう。

SNSでもご購読できます。