過去の競争のタイムは競馬では参考程度の存在

100メートルの競争で1番早いのはボルトだというのは疑いようの無い事かと思いますが、競馬の世界ではどうなのかと思われたかもしれません。これに関してですが中々これだと断定できるものではありません。一説にはハイセイコーが最速ではないかとの意見もありますが、そう言い切れない面もあります。

屋外でやる事に加えて、地面の状態の違いも大きいのです。芝の上であるか、それともダートなのかはもちろんですが、その柔らかさがによってもタイムは大きく前後します。また、他の馬との勝負という面がありますから、タイムにそれ程こだわる必要が無いというのも事実だと言えるのです。

鼻差でも勝ちは勝ちなのです。沢山のお金がかかっているのですからタイムにはあまり拘れません。それよりも、まずは勝つ事が最優先なのです。この辺りが他のスポーツ競技とは違う所でしょうか。なので、ファンの間でもタイムの事が話題に上る事はとても少ないですね。全く関心が無い訳ではないのですが、重要度としてはそれ程高くないと思うのです。レースという形ですけど、感覚的には格闘技を見る時に似ています。パンチ力がどうだとかではなくて、勝った負けたの方に皆注目しているのです。

だから競馬を予想する時でもタイムを重視するのは、あまり感心できません。これが人間のやるレースだったら大いに参考にできるかもしれないですが、なにせ走っているのは馬ですからね。もっとも人間にしても、その日のコンディションで結果は大きく変わってしまいます。マラソンなどで世界記録を保持している人が序盤早々について行けなくなるというのは珍しい事ではありませんよね。

競馬の場合はそれよりも遥かにアテになりません。そもそも自分の記録がどれ位であるかという事を意識しながら馬が走っている訳ではないのです。操っているのはジョッキーであって、下側にいる馬はその命令によって動いているだけというのを意識しておきましょう。

SNSでもご購読できます。