色々な競馬予想で競馬の勝率を上げていきます

今ではインターネット環境さえあれば誰でも参加できる競馬ですが、競馬予想の方法に至っては十人十色と呼ばれるくらいに分かれていて、中にはアッと驚くような予想方法で競馬生計を立てている人もいるくらいです。もっとも多い競馬予想の方法として挙げられるのは、競馬新聞を使って予想する方法でしょう。

競馬新聞には、レースに参加する馬や騎手に関するデータはもちろんのこと、専門家の本命や大穴予想に関する情報がかならず載っています。競馬新聞を購入して、レースの行方を予想する競馬師は大勢います。ちなみに筆者が一番重視しているのは、その日のパドックでの馬の様子とオッズのバランス、そして過去のレースの結果です。パドックというのは何かというと、レース直前でレースに参加する馬の様子がチェックできる場だと思ってください。騎手や係りの人に引っ張られてレースに出走する馬が、ゆっくりと歩いていきます。その様子を見て、ファンや競馬師と呼ばれている私たちは、その日の馬の調子良し悪しをチェックできるわけです。馬も生き物ですから、例え歴戦の猛者だとしても、調子が悪かったら全力を出すことはできません。思わぬトラブルで本調子の結果を残せないこともありえます。自分の注目している馬にはぜひともベストを尽くしてもらいたいですよね。

そんなわけですから、パドックという絶好の観察場を通して、自分の本命である馬が元気な状態かどうか確かめるわけです。オッズのバランスも大事ですね。予想している馬が何頭かいた場合には、比較的オッズの旨みがありそうな馬の馬券を購入するように徹底しています。これは固いと思われる馬券を購入しようとしても、もしかしたら人気が殺到していて高配当が見込めないかもしれません。そんな時にオッズの様子が良さそうな他の馬に当たるわけです。そして、過去のレースの結果は他の何を差し置いても目を通しておくべきポイントです。過去のレースの結果の波によって、今後のレースでどういった展開を迎えるかわかりやすくなるからです。こういった競馬予想の方法を抑えていくことで勝率を上げていくことができます。

SNSでもご購読できます。