代々繋がる偉大なサンデーサイレンスの血

競馬の血統はバイアリーターク、ダーレーアラビアン、ゴドルフィンアラビアンという三大始祖と呼ばれる種牡馬から現代の血統へと繋がっています。
現存する全ての競走馬にどれだけの影響があるかはわかりませんが、いま走っているどんな競走馬も血統を遡っていくと、必ずこの3頭のうちのどれかの種牡馬にたどり着くという偉大な種牡馬達です。
日本の血統の歴史はノーザンテーストやブライアンズタイムやトニービンと言った偉大な種牡馬達がいましたが、サンデーサイレンスへの移り変わりによって劇的に変化したと言えるでしょう。
サンデーサイレンスはアメリカで生まれた競走馬で、ケンタッキーダービー、プリークネスステークスのアメリカ三冠のうちの2レースを制し、ブリーダーズカップクラシックも勝った殿堂馬でした。
そんな名馬が日本にきて種牡馬入りをしてから日本の競馬が変わったと言っても過言ではありません。
日本で種づけをされた産駒がデビューしてからの13年間を毎年リーディングサイアーになるという偉業を達成しています。
その産駒には幻のダービー馬と呼ばれるフジキセキや、皐月賞馬のジェニュイン、牝馬ではダンスパートナーを1992年に送り出しています。
1994年には快速馬のサイレンススズカ、香港でも活躍したステイゴールドを輩出しました。
アグネスタキオンやマンハッタンカフェは現在も産駒が走っている種牡馬でこれらの父もサンデーサイレンスです、
ダートではゴールドアリュール、牝馬三冠のスティルインラブ、そしてなんと言ってもディープインパクトではないでしょうか。
競馬を知らない人にも武豊とディープインパクトの名前は知られていると思います。
ディープインパクトの父もサンデーサイレンスです。
今ではこのディープインパクトも父となり、数々のG!馬を送り出しています。
残念ながらサンデーサイレンスはもう亡くなってしまいましたが、日本競馬の始祖はサンデーサイレンスと言っても過言ではないほどの、偉大な種牡馬となっています。。

SNSでもご購読できます。