競馬予想のコツ

夏競馬こそ大切にしなければならない

 競馬は全ての季節で行われていますが、その中でも夏に行われている開催については、しっかり見ておかなければなりません。夏というのは適当に考えたくなる時期ですが、新しく有力馬が出てくる可能性も高く、これが秋のG1レースに繋がって行きます。

 また2歳戦は夏競馬を見ていないと分からないことが多くなってしまうので、もっとレースをしっかり見ていきたいと考えているなら、夏のレースをしっかり見ておくことが重要となります。リプレイだけでもいいので、しっかり見ておくといいです。
特に2歳戦については、才能のある馬が出てくるかどうかが重要な場面となっているので、なるべく見てどのようなレースぶりをしているかチェックしてください。レースの状況などを見ていくと、大体この馬はいいのかわかるのかが分かるようになっています。いい馬については積極的に追いかけるようにして、悪いレースぶりで勝っている馬は、重要なレースで負けてしまう可能性があると考えておけばいいです。これによって後からのG1レースでも安心して購入できる状態を作れます。

 サマーシリーズと呼ばれるレースが組まれているので、このレースについては購入しておき、少しでも将来の才能のある馬を見ていくことになります。競馬というのは夏場に力を付けて、一気にレースを勝てるようになる馬も出てきます。このような状況を知るためには、夏場のレースについてはしっかり見ておく必要があります。サマーシリーズはその代表的なレースであり、下のクラスから上がってきた馬が、レースに勝利するケースも非常に多くなっています。

 このように競馬というのは、G1レースが開催されている時期だけ見ておきたくなるような感じですが、実際には夏場というのが凄く重要なものとなります。このレースをしっかり見られるかどうかだけでも、今後の馬券成績は大きく変わっていくこととなります。いい結果のためには、リプレイでもいいからレースは見ておくことになります。

競馬ではスタートが勝敗を左右する事がある

スタートの瞬間というのは競馬全体の行方を左右するポイントの1つだと言えます。ここで全てが決まってしまうという程ではないのですが、重要である事は疑いようもありません。ちなみに競艇ですと最終的な勝敗が第一コーナーの時点で決まってしまう事もあるそうです。こちらは、そこまでではありませんけども競馬の流れに影響を与えます。

先にゴールすれば勝ちというルールですから、普通に考えれば前に出た方がお得だとなるはずです。しかし、ここが難しい所でして、前の方に行くと馬が勝手に走って行ってしまう可能性があるんですね。なにも障害物になるものがありませんから、自分の気の向くままに全力で行ってしまうのです。そうなるとお分かりかと思うのですが、スタミナ切れとなってしまいます。2番手以降の馬と大差をつけているから、このまま1着になれるのではないかと思われた馬があっけなく抜かれて行くのはお馴染みの光景です。たまにそのままゴールする事もあるのですが、正直な所まれなケースです。

その点、集団の真ん中ら辺ですと、その様になる心配をせずに済みます。しかし、これは周りを他の馬達に囲まれていますから、抜け出すという事が難しくなります。一旦横に、或いは隙間を見つけて前方に行かなくては行けなくなるので騎手の技量が問われる事になります。また、それと同時に狭い場所でも全速力で走れるような馬の性格も求められます。

最後尾は周りに邪魔をする物は一切ありませんが、その分後ろ側にいるために先頭との距離がつき過ぎてしまう事が多いです。つまりは、どのポジションにいたとしても一長一短あるという事なのです。ただ、傾向としては先行逃げ切りは続かない事が多いですね。それくらいの事は言えるかもしれません。

後半一気に追い上げる様なタイプの馬の方が勝ちやすいのですが、オッズは低くなる事が多いので、競馬で大きく勝ちたいのなら先行型の馬券を買っておいた方が良いでしょう。