競馬予想のコツ

馬のオッズというのは絶えず変動するものです

初めて競馬の馬券を購入したのはかなり前の事だったが、実際にやってみると分かる事というのがある。知識を得る事自体は今の時代ネットがあるために難しくないのだが、それが自分の記憶として定着するかは微妙である。体験するからこそ覚える事があるというのも確かなのだ。

馬券売り場を見渡すと、上の方にオッズが表示されている画面がずらっと並べられている。ここを見れば、それぞれの組み合わせの倍率が分かる様になっているのだ。で、私はここで見た単勝オッズ20倍くらいの馬の馬券を買ったのである。レースが始まると何とその馬が1着でゴールイン。いやぁ随分儲かっちゃったなぁと思ったら、まさかである。なんと5倍くらいにしかなっていないのだ。

ついさっきまで20倍だったのに、何が起きたのだろうかという感じだが、これは競馬ではよくある事だ。このオッズというのは最初から最後まで同じという訳ではない。刻一刻と絶えず変わり続けている物なのだ。何を基準にして変化しているかと言うと、それは、その馬の馬券の購入金額なのである。

単勝であれ何であれ、大勢の人達が投票(馬券の購入)すればオッズは低くなって行く物なのだ。人気があれば低く、逆なら高くという具合である。おそらく私が購入したあたりから、同様の行動をする人達がいたのだろう。この様なミスを防ぐためには投票締め切り直前に購入するという方法もある。これとて完璧ではないが、ズレの割合は確実に低くなると言えるだろう。

競馬だから馬を見て決めるべきにも思えるが、必ずしもそうではない。それと同じ位画面に映し出されているオッズに注目する事が大事なのだ。実力がある馬だと思っているのだが、何故かオッズが高いという時はチャンスである。皆が注目している馬というのは実力以上に買われるという事がよくある。そのため本当に走れる馬のオッズがやたら高いというのも珍しくない。競馬をする上で狙うべきなのは、そんな馬なのである。

馬連以外にも沢山の馬券の買い方が存在します

稀にテレビなんかで競馬が取り上げられると、そこで予想をするという人が現れるのが常である。で、その馬券の買い方なのだが、例外なくと言っていいほど馬連なのだ。他にも単勝やら複勝など沢山の買い方があるにもかかわらず、どういう訳か皆このやり方をしているのは不思議ですらある。

特に一般視聴者に対する影響は大きいのではないだろうか。予想というのは即ちこういう風にするのであるという方程式みたいな物ができあがってしまう可能性はあるだろう。テレビとは現実の一部分しか映し出していないというのが私の考えであるのだが、他の皆がこう考えている訳ではない。画面に映される映像が事実そのものだと錯覚している人はあまりにも多い。

私がビギナーに買ってもらいたいのは、やはり単勝である。これは非常に分かりやすいのが利点だろう。他のヤツは買い方を理解するまでに少なくとも数分は掛かるはずだが、こちらは1分あれば十分である。物事の上達は簡単なものから順にやって行くのがコツだと思うが、それは競馬であっても同じなのである。

この頃はネットでも馬券を購入できるらしいから、現場に行く人も少なくなっているのではないかと思うが、やはり本物をその目で見てもらう事に価値があると思う。複数の馬が一斉に走ると何とも言えない音がするものなのだ。そういう迫力はテレビを見ているだけでは決して伝わる事など無いだろう。

入場料が必要だったかどうかは忘れたが、もしそうだったとしても100円位では無かっただろうか。それくらいならば大した負担ではないだろう。何でもモニター越しに体験する事が普通になってしまいつつあるが、たまには本物の馬が目の前で走っている様子を眺めてみるのも悪くは無い。

競馬はギャンブルでもあるので否定的に見られる事もあるが、単純に面白いものでもある。馬券を買わずに予想だけするという楽しみ方もあるのだから、一度くらいは見に行ってみてはどうだろうか。