競馬の悲喜こもごも

競馬に思うことをつづります

競馬にはどうしてもいい印象は抱けません。
馬が走っているのを見るというのはいいのですが、お金をかけるというのはどうしても抵抗があります。
それがお楽しみ程度の1枚ならいいと思うのですが、生活をかけるというのは抵抗があるという以前に信じられません。
お金を湯水のように使っても使い切れないという人ならいっそいくらかけてもいいような気はしますが、そうでもない人はやめたほうがいいと思うのです。
人の生活費をかけられている馬や騎手の身にもなってほしいものです。
競馬は確かに見ている分には楽しいですし、いいレースであれば超初心者である私でさえ興奮してしまいます。
それでは駄目なのでしょうか。
たくさんかける人がいるから競馬をやっていけるとは思うので私がとやかく言う資格はないと思うのですが、多額のお金をかけていることによって苦しんでいる人がいるのなら、即行でやめていただきたいものです。
競馬で生活費を稼がずに、地道に働いてほしいと思っている人は多いと思います。
走る馬を見るのは本当に楽しいですし心惹かれます。
私は何気に馬の名前を見るのも楽しいです。
かっこいい名前があったり、奇妙な名前を見つけたりすると興奮しますね。
私の楽しみと言ったらそれくらいです。
隅から隅まで満喫しようとまでは思いませんし、なんとなく楽しむくらいで充分かなと個人的には思っています。
それでも充分楽しいですし。
こういう楽しみ方をする人が増えたら、もっと平和になりそうですね。
なんとなく競馬場は殺伐としていて、行きたいとは到底思えません。
気が向いたときに見て楽しむのが一番かなとは思います。
ただ、本当に好きな人だったら、テレビでなくその場で応援したいですよね。
私も一度くらいは行ってみたいなと思いますが、怖いという気持ちのほうが強いので、心の底から行きたくなるまでは行かないと思います。
雰囲気に飲み込まれそうですし、なんか殺伐とした気持ちになってしまいそうです。

競馬も買い方次第では投資になるかも

日本で出来るギャンブルには、パチンコ・競馬・競艇・競輪・宝くじ・ナンバーズなど様々ありますが一番勝ちやすいのはどれでしょうか。
パチプロという言葉が昔からあるように、パチンコで生計を立てている人も多くいますが、最近ではパチンコ人気にも陰りが見えて、食べていくには厳しい世界となっているようです。
宝くじやナンバーズで頻繁に当てている買い方の上手な人は、テレビや雑誌インターネットでもよく特集されていますね。
そして競馬には農林水産省が管轄するJRAと、地方自治体が管理する地方競馬があります。
JRAでは馬券で何億も儲けて、税金のことで裁判沙汰になったニュースがあったのも記憶に新しいかと思います。
なかなか衝撃的なニュースで、馬券ってそんなに儲かるの?と思った人が大勢いるでしょう。
馬券の種類には昔から単勝、複勝、枠連、馬連がありましたが、最近では三連複や三連単、WIN5といった一発で何百万、何千万、時には何億という配当が出る馬券も発売されるようになっています。
馬券の予想方法も様々あり、現場派にはパドックを見て馬の調子の良し悪しを見極めてから馬券を買う人がいます。
オッズの動きを見て怪しい売れ方をしている馬券、いわゆるインサイダー情報のようなものを見極めて、馬券を購入するやり方もあります。
むかし流行った予想方法としては、スピード指数が有名ではないでしょうか。
馬の走ったタイムや馬場差を計算して、各馬に数値をつけます。
馬の能力を数値化することによって、人気に左右されることなく馬の実力を見極めることができるので、穴馬券も取れると一時は大ブームにもなりました。
馬券裁判の人は全ての券種を機械的に買っていたようで、投資という扱いを受けていたのも注目でした。
機械的に投資をするということは何らかの方法で、常に一定の決め方によって馬券の買い目を出すということなので、スピード指数のようなものに近いと推測されます。
どんなギャンブルでも勝ち続けている人はいるので、研究を続けていけば勝ち組に入ることも夢ではないかもしれませんね。