競馬の悲喜こもごも

競馬の予想に取り組むスタンスについて反省したこと

 ほんのつい最近、競馬で勝った次の日は要注意なんだということを身を持って体験しました。

 先日の土曜、勝つと言っても大した金額ではないのですが、かなりのレースを当ててプラスになりました。その日は本命馬の2択3択がおもしろいようにバシバシと決まり、回収率は130%を超えました。勝ちが確定してからもその勝ちの金額を伸ばすことができましたし、本当に良い予想ができたとかなり満足しました。ただ、それは土曜日のことだったので、次の日も競馬があります。なので、それに向けて予想を始めました。しかし、勝っていることで気が緩んだのか、どうも気持ちがピリッとしませんでした。

 すると翌日の1レースから、あっさりハズレてしまいました。前日はバシバシと当たっていたのに、本命候補3頭のうちわざわざこなかった1頭を選んでしまったのです。流れの悪さを感じずにはいられなかったのですが、予想した馬券を買わないわけにもいかないのでその後のレースもコンスタントに買ってしまいました。しかし、気持ちの入っていない予想が当たるはずもなく、前日勝った分の半分くらいは失ってしまいました。トータルで考えればそれでもまだプラスなのですが、ずいぶんもったいないことをしてしまったと深く反省しました。

 このことを次に活かすなら、土曜日に大きく勝ったら日曜日はやらなくても良いのではないかと思いました。やはり勝ってしまうとどうしても「勝ってやろう!」という気迫に欠けてしまいますし、そんな甘い気持ちが頭のはたらきを悪くして競馬の予想にも影響してしまうのです。それで勝ち分を目減りさせてしまうくらいなら、日曜日は我慢して土曜日の勝ちを確定させてしまったほうが金銭的には合理的です。

 勝ったときの悩みですからそれはとても贅沢な悩みですが、競馬を年間トータルで勝ちへもっていきたいなら予想へ取り組むスタンスも問われます。ですので、できるかどうかはわかりませんがこれからは反省を活かして競馬に取り組みたいです。”

バイナリーオプションは怪しいのか

競馬とは関係ありませんがギャンブルに近い最近流行りのバイナリーオプションについての記事を書きたいと思います。
株や為替、FXという投資が世間でも認知され始めるようになり、一時の株価が爆上げの時には多くの一般投資家も参加するようになりました。
そして最近になって登場した投資法にバイナリーオプションという外国通貨取引があります。
この投資方法は簡単に説明すると、現在の為替相場が今後は上がるのか下がるのかを当てる、いわゆる二者択一の予想をするものです。
株価や為替相場は1秒ごとに動いていて、実際に金額を決めて買ったり売ったりをしなければなりませんが、バイナリーオプションは細かい金額は考えずに、単純に上がるか下がるかで勝負するものです。
勝負に成功すると掛け金が2倍になり、そこから手数料を引かれた金額が利益になるという、とてもわかりやすいルールになっています。
この手軽さから人気が出てきていますが、こういった見慣れない新しいものには、知識が浸透しないうちに、悪いことをして稼いでやろうという詐欺師が現るのが避けられません。
実際にインターネット掲示板や、あらゆるホームページでバイナリーオプションに関する怪しい広告がたくさん見受けられます。
たくさん見受けられるぶん、それだけ騙されてしまう人も多くなるわけで、今ではバイナリーオプションは儲からない、怪しいといった悪評を耳にする機会の方が多くなっているかもしれません。
外国では何年も前からある投資法で、この投資自体は何も怪しい物ではありません。
日本では2013年頃になって入ってきたものなので、詳しい知識を持っている人が少数で、知識を持たずに簡単に儲けることができるという言葉に踊らされた人たちが、詐欺会社などの被害に遭ってしまっています。
お金を預けて利益が出たから出金しようとしてもできない、出金には身分証の提示が必要と後から言われる、利益を出したトレードが削除されてしまう、退会することができない、などなどたくさんの被害例が存在します。
どんな投資方法にも、簡単に稼げる必勝法などは存在せず、リスクや注意点などは事前に理解していることが重要です。
今後も新しい投資方法がどんどん現れると思いますが、むやみに飛びつかず、正しい知識を身に着けてから判断することをオススメします。