競馬大好き

もし競馬がギャンブルではなかっとしたら

 本日は競馬に対する意見を集め考察していきたいと思います。 

 「もしもという想像の話だが、競馬がギャンブルでなかった場合はどれ位の人達が感心を持つのかなぁと思う事があります。あれは、おそらくスポーツの一種だと思うのですが、大抵のスポーツというのは人々にあまり関心を持たれていない様です。もちろんオリンピックや世界陸上などは例外はあります。それは宣伝の影響等もあって、人々の関心も非常に高くなっています。

 ですが、それ以外のもの、普段やっている競技会みたいなものに対してはそうではなありません。何月何日にイベントが開催されるということすら大半の人は知らないでしょう。それをやっている本人と、後は家族とか練習仲間などが集まっている位なものです。入場無料で誰でも見る事が出来る大会でもこんなくらいなのですから、注目度の低さというものが分かるはずでしょう。

 本来ならば競馬もこれくらいの存在だったのではないかと思えて仕方が無いです。これはなにも魅力の無い競技だと言っている訳ではないです。それなりに面白いし、ファンが沢山いるのも当然だろうと思います。しかし、ここまで熱狂的なイベントにはならなかったのではないかという事です。人というのはお金がかかっていると目つきが変わります。ギャンブルというのはそういう物なのだとおもいます。もし、単なる馬のレースだけだったら皆静かに見ているのではないでしょうか。

 私は元々競馬をしないので、何故あれ程に観客がエキサイトしているのかと思うのです。たかがと言えば失礼になるかもしれないが、馬が走っているだけです。その馬にしても別に他の馬に対してライバル心がある訳ではないでしょう。何だかよくわからないが走らされているという所ではないでいしょうか。

ちょっとした趣味位の感覚でやっているのなら良いのですが、中には生活費まで投入してしまう例もあるそうで、そこまで行くと深刻な問題になってきます。公営ギャンブルで借金をした場合、返済できなくなっても免責は難しいのでしょうか。その辺りの事も理解した上でやるのなら良いとは思います。」

 以上が本日の意見なんですが、確かに見る人によって競馬はそのように映ってしまうかもしれないですね・・・。私は競馬が大好きなので大会ごとに高揚感がおさまらないですが(笑)確かに一般層からみるとギャンブルの一種のように思わるのかもしれないですね~その代表例として生活費まで投資する方が印象的に映ってしまっているのかもしれないと私は思いました。

 私個人の感想なのですが競馬はただ単にお金を賭けるだけでなく、開催場の雰囲気や馬や乗馬する人の緊張感も含めトータルで見て楽しむものだと思うのです。やはり開催場には何か特別な見えないものがありますよね!雰囲気と言いますか・・・(笑)

初心者でも充分に楽しむことができる競馬の楽しみかた

 競馬といっても特に難しいことはありません。初心者はまず大きな負けをしないように小額の賭け金で楽しむようにすることです。何よりもレースは頻繁に開催されていますので、やってみたいなと思ったときに挑戦できるのが競馬の良いところでしょう。賭けをしなくてもレース場に遊びに行って馬を眺めているだけでも充分に楽しいものです。
 ただ、そんな競馬も負け続けてしまったら楽しめません。だからこそ負けても小額で済むような馬券の買いかたをすることが大切なのです。初心者のかたはビギナーズラックでもない限りまず勝つことができません。ですが、ちょっとずつ知識を身に付けていってだんだんと儲けられるようになったら、楽しさも倍増していきます。
 
 ただ勝ちそうな馬にお金をかけるだけではありません。勝ち馬を探すことも大切ですが、レースにお金をかけている人同士がどの馬にどのくらい賭けているかでも戻ってくるお金が変わるわけですから、人間同士の闘いでもあります。ここが素人の陥りやすいところですが、馬だけではなく人間の動向を見て賭けをしなければならないのがまた面白いところでもあります。その上でまた損得なしに好きな馬や騎手がいれば応援がてらお金を賭けたりするのも楽しいのです。

 競馬はとても楽しい娯楽です。初めて馬券を買うときにはまずは賭け金を小額にしてあまり冒険はしないことと、大体的中したときに二倍から三倍程度になる馬券を買ってみることと、長い目でレースを見ることです。収支はレース十回以上は見るようにするといいでしょう。ここを意識しておけば、大きな失敗なくレースを楽しむことができます。

 馬券を買うことはさほど難しくはありません。要は一攫千金を夢見て大金をかけずに、レース自体を楽しめばいいのです。いくら楽しくても大損をしてしまったら馬を見るのも嫌になってしまうでしょう。それはとても寂しいことです。
まずはゆっくりと馬に対する知識を深めていくことから始めてみてください。