競馬大好き

競馬の国際化のメリットと対応について

「日本中央競馬会」といわれるくらいなので競馬はあくまでもドメスティックが基本です。しかし、競走馬の質を上げるために海外から強豪場を呼び込んだり、日本の強豪馬が海外のレースに挑戦し続けています。実際、日本の競走馬のレベルは高く、ほとんどの海外の主要レースを制しているといっても過言ではありません。しかし、競走馬のレベルに反比例するように日本の競馬の仕組みはまだまだグローバル化に遅れているといっても過言ではありません。まずは検疫です。海外に行くときも戻るときも日本の法律では時間がかかりすぎ、または厳しすぎるためなかなか海外の競走馬が来ないのが現実です。次に馬場です。ファンをあおるために海外の芝とは全く違うコンディションに仕上げスピード競馬を目指すあまり、競走馬にとって負担がかかる芝のコンディションになっています。もちろん、こうした馬場になれている日本の競走馬は海外の重い芝に対して慣れることに時間がかかることはいうまでもありません。次に馬券の購入です。日本の場合、すべての馬券購入は日本中央競馬会が取り仕切っています。ブックメーカーもいません。よってなかなかサービス面で新たなものが生まれにくい現実もあります。ようやく、海外の主要レースの馬券が購入できる法律が施行される見込みです。これで海外の主要レースで奮闘する日本の競走馬の馬券を購入して応援することができるようになります。また、騎手過程においては今年度からクリストフルメール、ミルコデムーロという一流の海外ジョッキーがJRA所属となりました。実力が一番の世界なのでこれからも日本の競馬に興味があるジョッキーは日本の騎手のレベルアップ、国際化を促すためにももっと日本に来てもらいたいものです。逆に日本の若いジョッキーは武豊をはじめとするジョッキーがそうしてきたようにもっと海外に武者修行をしてレベルアップをハングリーに目指してもらいたいものです。

競馬の楽しみ方はみんな違います

競馬の好きな方は本当に好きな方が多いです。これほど嗜好性の高い趣味も少ないのではないでしょうか。もちろん、中央競馬であれ、地方競馬であれ、公営ギャンブルといってしまえばそれまでですが競馬に対して興味を抱く人、趣味とする人、さらにはライフワークとして向かい合う人、とにかくひとそれぞれであることが特徴です。それほど競馬には魅力があります。その向かい合い方についていくつかの類型をお伝えします。まずは一般的な趣味としてお小遣いの範囲で馬券を楽しむ方です。一番多く位置づけられるのがこのジャンルの方です。大きなレースは馬券を購入、年に数回競馬場で応援というタイプです。競馬会としてはこの最も多く類型化される人口をいかに増やしていくかが何といっても大きな命題になっています。たとえばJRAは最も多かった売上が3兆円あったところ、今は2兆円をきっている状況です。人口が減っていく中、また右肩上がりは難しいと思いますが維持していくためにはこういった層を増やしていくことが重要です。次に類型化されるのは単なる趣味やギャンブルとしてではなく競馬にある意味ロマンまで感じて接する人たちです。ここには一口馬主やクラブ会員も含まれるといえます。この人たちは馬券の購入額もさることながら、業界のオピニオンリーダーとしてもネット上を中心に活動している方もいます。個人的な見解ですがこれからはこうした方々の意見を未来の公営ギャンブルのあり方に採用して活用していくこと良いのではないかと考えます。そして、次に類型化されるのが高収入所得層で馬主、または直接競馬にかかわる牧場や厩舎関係者といったところでしょうか。こちらになると経営側に位置するので少し要素は変わってきますが日本の閉じられた世界で営まれる競馬にとってすべての関係者がうまく利益を上げながらまわっていくことが重要になってくるわけです。一ファンとしてはさらなる発展をのぞむところです。