2015年のスプリンターズSを振り返ってみる

2015年10月4日に中山競馬場で行われた今秋初のGⅠレースであるスプリンターズSは、牝馬のストレイトガールが中団から見事に差しきって1番人気に応え、GⅠ2勝目を挙げました。このレースは戦前の予想がとても難しく、ファンにとってはとても悩ましかったと思います。

 人気になったのは牝馬の3頭です。前述した勝ち馬のストレイトガールを筆頭に、夏のGⅢ連勝を飾って勢いに乗るベルカント、さらに前哨戦であるGⅡのセントウルSで最後方から僅差2着まで迫ったウリウリが、綺麗に人気を分け合っていました。わたしもこれら3頭の中からどれを本命にするか迷いに迷ってしまい、結果的にはレース当日の午前中にウリウリ本命としました。その時点ではまだベルカントが1番人気で、他のファンも迷っているんだなあということがそんなオッズの変動からわかりました。

 レースが始まると、ウリウリは思いのほかスタートで失敗をせず普通にレースを進めることができました。しかし、あえて行儀のよい優等生の競馬をしたほうが結果が振るわない馬もいます。ウリウリもそれに該当してしまったのか、後方から脚を伸ばしたのですが5着止まりでした。

 2番人気に落ち着いた武豊騎手騎乗のベルカントは、気分良く先行したまでは良かったのですが直線で行き場を失くして失速しました。スプリント血統の代名詞とも言えるサクラバクシンオー産駒ですが、なぜかこのスプリンターズSとは相性が悪くて好結果を残せていません。今回もその謎の法則通りになってしまいました。対して勝ったストレイトガールはとても綺麗な走り方で、レース運びが1番スムーズでした。スプリント戦はちょっとしたミスやトラブルが命取りですから、そこは鞍上の戸崎圭騎手がストレイトガールを上手く導いた結果と言えます。

 私は馬券をはずしてしまったので今秋のGⅠ戦線で好スタートを切ることはできませんでしたが、秋競馬はまだまだ始まったばかりです。中山開催が終わっていよいよ東京開催が始まりますので、そこで結果を出したいです。

SNSでもご購読できます。