2015年 12月 の投稿一覧

競馬で勝ちを呼び続ける競馬予想論について

競馬の世界でトータルで勝つためには、自分の中でしっかりとした競馬予想法を確立しなければなりません。もしも信念なく、勉強せずにレースに挑まない場合は、かならず手元の資金を失う可能性に見舞われます。そういったことにならないためにも、今は競馬の道を究めるために日夜勝負師と呼ばれる競馬予想師の人達は、常にデータと睨めっこしながら毎月毎週のごとく、競馬レースで馬券を購入し続けています。こうした競馬の世界で勝つ人と負ける人、そもそもこの両者の違いはいったいどこから来るのでしょうか。

まず思うのは、両者が抱えているデータの量の違いだと思っています。勝ち続ける人は、持っているデータの量が負ける人に比べて圧倒的に多いです。競馬新聞はもちろん購入していますし、インターネットでのレースの情報の事前収集は当然行っています。競馬仲間と定期的に交流して、レースに参加する騎手や馬たちの情報を交換し合っている人もいます。もしもそういった行動を取っていないならば、今すぐに行動を起こすべきです。何も情報を持っていないという競馬初心者に特におすすめできるのは、レースを全てチェックすることができるグリーチャンネルを観ることでしょう。契約する必要はありますが、レースに関する専門家の情報を聞くことができますし、開催されるレースをリアルタイムに観ることができます。

レースを実際にリアルタイムで観ることは、競馬師にとって欠かすことのできないテクニックの一つだと認識してください。月額料金程度なので、たいしたリスクではありませんが、こういった最小限のリスクを取っていかないと、競馬予想の方法論を確立し使いこなすには程遠くなってしまいます。競馬師のプロと素人の差w埋めるのは、こういったことから一歩一歩試していかなければ、とても埋めることは叶いません。最初は負ける可能性があるかもしれませんが、練習だと思って小額から賭けていってみます。回数を重ねるうちに、次第に勝率が高まっていき、いつの間にか満足いくほどの勝ちを積み重ねていくことでしょう。

簡単に競馬予想で利益を得る方法

競馬予想をするにあたって自分なりのルールを設けると良いと思います。予想するにあたって今回は競馬新聞をもとに説明していきます。記者の予想は、記号でわかりやすく表示されているので、初めて競馬新聞を読む方でも非常に読みやすくなっています。

初心者の人はこの記者予想を参考にして、馬券を買うことをお勧めします。初めは馬の情報などわからないのでプロの記者が予想したものにのっとった方が勝てます。ある程度なれてきたら過去のレース成績を見て競馬予想してみてください。下から直近のレースが記載されており、過去のレースの着順やタイムなどが分かります。競馬新聞によって記載内容は若干異なりますが、どの新聞にも共通して言えるのは文字が多くて初心者には難しいです。

でもそれは見方が分からなくて難しく感じるわけであって、見方が分かれば簡単です。人によっては、好きな馬もいれば好きな騎手もいると思います。新聞では競走馬が負担する重量と騎乗騎手がわかります。負担重量とは、騎手自身の体重と騎手が身につけている勝負服やプロテクターなど所定の馬具をあわせた重量になります。ラッキーナンバーで決めて予想する方法もあります。サイコロやあみだくじなど出た数字と同じ番号の馬券を買うという神頼みの買い方もあります。

競馬予想する際はパドックやオッズでも決めれます。パドックとは、レース開始前に出走する競走馬が数周回に渡って、厩務員にひかれてゆっくりと周っている姿のことです。レースで見るよりも近くで馬をよく見れるので、観客席から馬体状態などをじっくり確認できます。良くテレビに映ったりするので競馬場にいなくても自宅でも馬の様子を確認することができます。オッズとは、買った馬券が当たったら払戻金がいくらになるかをあらわす倍率のことです。倍率は投票数できまり、締め切りの最終オッズを元に払い戻されます。単勝1,1倍の馬がいる場合は、ほぼ1着で決まりと言われています。