2015年 10月 の投稿一覧

主婦ですが競馬にとても興味があります

わたしは専業主婦でギャンブルは一度もしたことがなく、ほとんど興味もないのですが競馬にはなぜかやってみたくてたまらなかったりします。
なぜかかしら?と自分でもふしぎでたまらないのですが、ひとつ気づいたのは幼いころから動物好きということです。犬を始め鳥や昆虫、両生類などいろいろ飼って可愛がっていました。そして忘れもしません、幼稚園の遠足で生まれて初めて馬を見て、そっと撫でたときにすごくかわいい!できれば家でも飼いたい!と興奮したのです。
もちろん家で飼うのは絶対無理なので諦めたわけですが、馬に対する愛着がつよく、テレビにでているとつい注目しますし写真を眺めるのも好きでパソコンで画像検索したりしてしまうほどです。
なので一発当てて儲けたい、スリルやワクワク感を楽しみたいというのではなく、ただひたすら駆け抜けるところを一日中でも眺めていたいという理由だけで競馬場へ行って見たいと熱望しています。
主人に言ったら、社会人になりたての頃競馬にハマって、週末は買いつめて競馬予想していたそうですが独特の雰囲気だからあまりおすすめしないと言うのです。
べつに雰囲気なんてどうでもよくて、わたしはただ見られればいいだけですし、一度行ってもしほんとうに雰囲気が苦手だったりしたらもう行かなければいいだけで、自分で判断したいので不満でしかたありません。
いっそこっそり競馬場へ行ってみようかな?とも考えますが、嘘をついてまで行くのは気が引けるのでなかなか行けずにいます。
男性ならひとりでふらっと行ってもなんとも思われないのでしょうが女性にはやはり少し敷居が高く、特に主婦だと場で浮いてしまわないか、変に思われないか気になってしまうんです。
現在名古屋に住んでいるのですが、中京競馬場、笠松けいばなどせっかく近距離にあって、どちらも地下鉄と名鉄を乗り継いでいけば1時間もかからないので、主人を説得していつか絶対連れていってもらおうと密かに企てています。

過去の競争のタイムは競馬では参考程度の存在

100メートルの競争で1番早いのはボルトだというのは疑いようの無い事かと思いますが、競馬の世界ではどうなのかと思われたかもしれません。これに関してですが中々これだと断定できるものではありません。一説にはハイセイコーが最速ではないかとの意見もありますが、そう言い切れない面もあります。

屋外でやる事に加えて、地面の状態の違いも大きいのです。芝の上であるか、それともダートなのかはもちろんですが、その柔らかさがによってもタイムは大きく前後します。また、他の馬との勝負という面がありますから、タイムにそれ程こだわる必要が無いというのも事実だと言えるのです。

鼻差でも勝ちは勝ちなのです。沢山のお金がかかっているのですからタイムにはあまり拘れません。それよりも、まずは勝つ事が最優先なのです。この辺りが他のスポーツ競技とは違う所でしょうか。なので、ファンの間でもタイムの事が話題に上る事はとても少ないですね。全く関心が無い訳ではないのですが、重要度としてはそれ程高くないと思うのです。レースという形ですけど、感覚的には格闘技を見る時に似ています。パンチ力がどうだとかではなくて、勝った負けたの方に皆注目しているのです。

だから競馬を予想する時でもタイムを重視するのは、あまり感心できません。これが人間のやるレースだったら大いに参考にできるかもしれないですが、なにせ走っているのは馬ですからね。もっとも人間にしても、その日のコンディションで結果は大きく変わってしまいます。マラソンなどで世界記録を保持している人が序盤早々について行けなくなるというのは珍しい事ではありませんよね。

競馬の場合はそれよりも遥かにアテになりません。そもそも自分の記録がどれ位であるかという事を意識しながら馬が走っている訳ではないのです。操っているのはジョッキーであって、下側にいる馬はその命令によって動いているだけというのを意識しておきましょう。