2015年 9月 の投稿一覧

オグリキャップの思い出

私が競馬を始めたころには第何次かの競馬ブームと言われていた時でした。ブームをけん引していたのは一頭のアイドルホースで、オグリキャップと言う馬でした。
私はリアルタイムで見たことはないのですが、古くからの競馬ファンから聞くと、これほどのブームはハイセイコーブーム以来と言うことでした。理由はよくわかりませんが、ハイセイコーとオグリキャップは共通点がたくさんあるということもよく言われたことです。どちらの馬ももともとは中央競馬からデビューしたわけではなく、当初は地方競馬からその競争人生を始めました。と言うことは、周り人はハイセイコーやオグリキャップに大した期待をかけていなかった証拠でもあります。規模を取っても、賞金の額を取っても、ファンの多さを取っても地方競馬と中央競馬とは大きな隔たりがあったからです。期待の高い馬は中央競馬でデビューするということは間違いのない事実です。
ハイセイコーやオグリキャップは地方競馬でデビューしたものの連戦連勝となり、そこから期待を持たれて中央競馬にデビューする運びになります。しかし、このような経緯で中央競馬デビューした馬でもたいていは中央競馬の高い壁に阻まれてあえなく沈没ということになるのですが、この2頭は中央競馬のつわものの中でも連勝をします。
地方から都会へ出てきて苦労して出世するということは同じような境遇の人間の心の琴線に触れるということでしょう。ほとんどの人が都会へ出てきも出世はおぼつかない物を馬に夢を託すと言えば言いすぎでしょうか。しかし、アイドルホースの極致の二頭が同じような地方競馬出身という事実は大きな間違いではないように感じます。
おまけにオグリキャップの方は競馬の世界で重視される血統も地味でもともとエリートになりえないものでしたが、その地味な血統で中央競馬のエリートを倒し続けたというのも見逃せない事実です。
オグリキャップ以来アイドルホースはいましたが、オグリキャップを越えるアイドルホースは出てきていません。

競馬の予想に取り組むスタンスについて反省したこと

 ほんのつい最近、競馬で勝った次の日は要注意なんだということを身を持って体験しました。

 先日の土曜、勝つと言っても大した金額ではないのですが、かなりのレースを当ててプラスになりました。その日は本命馬の2択3択がおもしろいようにバシバシと決まり、回収率は130%を超えました。勝ちが確定してからもその勝ちの金額を伸ばすことができましたし、本当に良い予想ができたとかなり満足しました。ただ、それは土曜日のことだったので、次の日も競馬があります。なので、それに向けて予想を始めました。しかし、勝っていることで気が緩んだのか、どうも気持ちがピリッとしませんでした。

 すると翌日の1レースから、あっさりハズレてしまいました。前日はバシバシと当たっていたのに、本命候補3頭のうちわざわざこなかった1頭を選んでしまったのです。流れの悪さを感じずにはいられなかったのですが、予想した馬券を買わないわけにもいかないのでその後のレースもコンスタントに買ってしまいました。しかし、気持ちの入っていない予想が当たるはずもなく、前日勝った分の半分くらいは失ってしまいました。トータルで考えればそれでもまだプラスなのですが、ずいぶんもったいないことをしてしまったと深く反省しました。

 このことを次に活かすなら、土曜日に大きく勝ったら日曜日はやらなくても良いのではないかと思いました。やはり勝ってしまうとどうしても「勝ってやろう!」という気迫に欠けてしまいますし、そんな甘い気持ちが頭のはたらきを悪くして競馬の予想にも影響してしまうのです。それで勝ち分を目減りさせてしまうくらいなら、日曜日は我慢して土曜日の勝ちを確定させてしまったほうが金銭的には合理的です。

 勝ったときの悩みですからそれはとても贅沢な悩みですが、競馬を年間トータルで勝ちへもっていきたいなら予想へ取り組むスタンスも問われます。ですので、できるかどうかはわかりませんがこれからは反省を活かして競馬に取り組みたいです。”