2015年 9月 の投稿一覧

ダート競馬を制する者は馬券を制する

 競馬というときれいな芝をイメージする人は、とても多いと思います。緑の芝の上を颯爽と走る馬たちはとても美しく、それこそが醍醐味と言えます。ただ、実際に行われているレースを見てみると、ダートのほうが多いかもしれないです。つまり、ダート競馬を攻略しないことには儲けることはできないということです。

 ダートの大きな特徴としては、走っている途中に馬が砂を被ります。細かい砂が前を走る馬の後ろ足から繰り出されるので、それは馬にとってかなりストレスになります。中にはそれで走る気を減退させてしまう馬もおり、ダートが馬に対してどんな影響を与えているのかを個別にチェックしていかなければならないです。

 また、芝は素軽いスピード馬優勢だとしたら、ダートはパワフルな馬が優勢です。芝に比べたらダートはスピードが出ませんので、その分パワーが要求されるのです。そこを上手く判断することができれば、それを馬券に活かして儲けることができます。

 それまでずっと芝を使ってきて初ダートの馬というのは、上手くいけば儲けられるチャンスです。人気になっている馬がダートを不得意そうだったら馬券から消せば良いですし、人気になっていない馬でダートが得意そうだったら本命か抑えにしておくことが儲けるきっかけになります。

 その判断は普段のレースぶりで判断しても良いですし、血統や所属している厩舎、あるいは馬主からでも推測することができます。それは絶対と言えることではありませんが、明らかに傾向は存在しますのでそれを活かすと競馬で思わぬ当たり馬券を的中させることができます。

 ダートは未勝利戦や500万下など下級条件になればなるほど多くレースが組まれており、それを制することができれば馬券を制することも夢ではないです。地方は岩手を除けばダート限定ですし、ダート競馬の予想を得意になっておけば、馬券の成績は必ず上向いてくるといえます。ですので、ダート競馬は入念に予想しなければならないのです。

競馬と宝くじとでは当たる確率がどちらが高いか

競馬にのめりこんでいるという人もいまは少なくありません。
電車などに通勤していると、競馬新聞を持っているという人も見かけるぐらい、競馬は日本国内でも人気のギャンブルとなっています。
しかし、こうした競馬ですが、当たる確率などが高いとはあまり聞きませんし、むしろ競馬で大損を下だという話などをよく聞くことが多いと思います。
また、こうしたギャンブルにはまり込んでしまい、破産してしまったという話なども良く聞くことも多いと思います。
つまり、競馬に良いイメージなどはあまりみんなが持っていないと思います。
こうしたギャンブルですが、宝くじとどちらが当たる確率が高いのでしょうか。
比較してみると、もちろん宝くじよりは、こちらのほうが当たりやすいといわれています。
しかし、それは宝くじが低すぎるというだけで、こちらのギャンブルもそれほど当たりやすいというわけではありません。
ですので、どちらもなかなか当たることが出来ないですし、確実性のないものであるといわれています。
しかし、なぜこれほどまでにのめりこんでしまう人が多いのでしょうか。
まず、ギャンブルというのは、人がのめりこんでしまいやすいものであるといわれていて、負けてしまうとそれをとりもどしたいという心理が働きますので、そこからどんどん深みにはまっていってしまうのだと思います。
こうした心理で、はまりこんでしまうといわれています。
また、こうしたギャンブル依存と言うのは、性格のように思いますが、一つの病気であるといわれています。
たとえば、こうしたギャンブル依存というのは、病院で治療をすることが必要であるといわれている病気とされています。
こうした病気を克服するには、家族の支え、または協力なども大切ですし、また本人の努力なども必要であるといわれています。
このように、はまり込んでしまう人などは、病気の可能性もありますので、一度家族が付き添ってみることが必要となります。