2015年 8月 の投稿一覧

競馬の国際化のメリットと対応について

「日本中央競馬会」といわれるくらいなので競馬はあくまでもドメスティックが基本です。しかし、競走馬の質を上げるために海外から強豪場を呼び込んだり、日本の強豪馬が海外のレースに挑戦し続けています。実際、日本の競走馬のレベルは高く、ほとんどの海外の主要レースを制しているといっても過言ではありません。しかし、競走馬のレベルに反比例するように日本の競馬の仕組みはまだまだグローバル化に遅れているといっても過言ではありません。まずは検疫です。海外に行くときも戻るときも日本の法律では時間がかかりすぎ、または厳しすぎるためなかなか海外の競走馬が来ないのが現実です。次に馬場です。ファンをあおるために海外の芝とは全く違うコンディションに仕上げスピード競馬を目指すあまり、競走馬にとって負担がかかる芝のコンディションになっています。もちろん、こうした馬場になれている日本の競走馬は海外の重い芝に対して慣れることに時間がかかることはいうまでもありません。次に馬券の購入です。日本の場合、すべての馬券購入は日本中央競馬会が取り仕切っています。ブックメーカーもいません。よってなかなかサービス面で新たなものが生まれにくい現実もあります。ようやく、海外の主要レースの馬券が購入できる法律が施行される見込みです。これで海外の主要レースで奮闘する日本の競走馬の馬券を購入して応援することができるようになります。また、騎手過程においては今年度からクリストフルメール、ミルコデムーロという一流の海外ジョッキーがJRA所属となりました。実力が一番の世界なのでこれからも日本の競馬に興味があるジョッキーは日本の騎手のレベルアップ、国際化を促すためにももっと日本に来てもらいたいものです。逆に日本の若いジョッキーは武豊をはじめとするジョッキーがそうしてきたようにもっと海外に武者修行をしてレベルアップをハングリーに目指してもらいたいものです。

突然のボーナスの新たな使い道を試してみた

何気ない時に突然大金が入ったという経験はありませんか?私もそんな出来事がありました。それは思いがけない春のボーナスを頂いた事です。うちの会社は夏と冬のボーナスはあったのですが、前期で売り上げが良かったようでその売上げ還元のために春のボーナスが発生したとの事でした。
突然入ったボーナスをどう使おうか。貯金もいいけれど、ちょっと試してみたい事があったのでそれにお金を使ってみる事にしました。それは競馬です。昔からギャンブルとは程遠い生活をしていました。なので私が競馬やってみたい!なんて周りの人に少しでも言おうものなら、大変驚いた反応をされてしまいそうです。
なぜやってみたいかって言われると、単純に走る馬が好きだからです。動物が大好きで特に馬が好きなんです。こんな理由を言ってしまうと笑われちゃいそうなので秘密にしていますが。ギャンブルでひと儲けしたいというよりも、間近で大迫力の競馬を見てみたいという野望がありました。しかしお金がかかってしまうんですよね。だから野望はありつつも、中々手を出せないでいました。
突然のボーナスの使い道はこれしかない!そう思いましたよ。勿論家族には秘密です。ボーナスを貰ったという事も秘密ですが、ギャンブルに片足突っ込んだという事も絶対に言えません。
もし当たったらどうしようかな。その時はさすがに春のボーナスを貰った事を妻だけにでも話すつもりでいます。大当たりして予想もしない大金が入ったら、少しばかり貯金に回すとは思いますが。せっかく不意に頂いた物なので、普段節約している分、ここぞとばかりにパーっとお金を使いたいものです。
さてこれだけ自分の希望を述べてきましたが、実際は素直に妻に全額ボーナスを渡すでしょうね。自分だけ良い思いするのもなんだか悪い気もしますし。家族の笑顔が見れればいいかななんて良い親ぶっています。そうだ。子供達を連れて動物園に行けばいいのでは?そうしたら家族全員が満足できますし、私自身も大好きな動物園に行く事で気分もリフレッシュできますしね。もしくは乗馬体験教室でもいいかな。妻が私にお小遣いを与えてくれるかは不明ですが、想像するだけは良いですよね。